乳酸菌革命の効果

身体の健康は腸から作られる

腸の働きと健康には深い関係があります。

身体に良いものを摂り込む力、身体に不要な悪いものを出す力、この2つの力が正常に働くことによって、身体全体のバランスを正常にして、健康に保つことができるのです。

私たちの心と身体は、日々さまざまなストレスにさらされています。
現代では大人だけでなく子どもまでさまざまな 原因のストレスをかかえています。ストレスを身体にためてしまうとホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れ、免疫機能などに影響を及ぼすといわれています。

ストレスから私たちの身体を守るには、日々の健康な身体づくりがとても大切です。

腸内環境を整えて免疫力もアップ

春には花粉症で悩む人が増え続けています。

また、季節に関係なく、アトピーやアレルギーに悩んでいる人々が増えてきています。
乳酸菌を摂り腸内環境を良く保つことで、免疫力が向上して、アレルギーなどの体質が改善するなどの研究も行われています。

乳酸菌は身体の健康に多くの可能性を秘めています。

乳酸菌は便秘に効果が期待できる

腸には、腸内環境を整えてくれる「善玉菌」や腸内環境を悪化させる「悪玉菌」などおおくの種類の細菌がいます。

腸内環境のバランスを保ち、善玉菌のエサとなるのが「乳酸菌」です。

乳酸菌がたくさん腸内に入れば、その分、善玉菌が増え腸内環境が良くなり快適な身体を実感できます。

食生活の乱れを整える

日本古来の和食には乳酸発酵を用いた食べ物が数多くあります。
醤油、味噌、漬け物といった伝統食品です。

しかし、食の欧米化が進み、現代人には毎日和食を取り入れる事が難しくなりつつあります。

腸内環境は毎日生まれ変わっています。
そのためには乳酸菌は続けて摂ることが大切です。

毎日、乳酸菌を摂ることでで腸内を良い菌で満たして、強い腸を作ることができます。

乳酸菌生産物質とは?

乳酸菌生産物質は、もともと人の腸内にいる善玉菌が作り出す物質です。
食生活の変化や加齢によって、善玉菌はどんどん減少してしまいます。乳酸菌生産物質を体外で作り摂り込む事で、腸内細菌のバランスを正常に保つことが期待できます。

乳酸菌サプリなら「乳酸菌革命」

身体に役立つ細菌達

ビフィズス菌大腸に多く棲んでいる善玉菌の代表です。ビフィズス菌の出す酢酸には強い殺菌力があるので有害菌の増殖を抑え腸内環境を整え免疫力を高めます。

ラブレ菌
京都の漬物すぐき漬けから見つかった乳酸菌です。ビフィズス菌を増やす働きがあり、強い生命力を持っているので、生きたまま腸に到達して、悪玉菌の増加を抑えて腸内環境を整えます。

ガセリ菌
腸の中に長くとどまることが できる日本人に相性の良い乳酸菌です。
酸素の有無にかかわらず育ち、ビフィズス菌とともに悪玉菌を抑えて、腸内環境を整えます。

耐酸性カプセル

乳酸菌は、酸やアルカリに弱いので、口から入っても胃の中では胃酸に、小腸では胆汁によって多くが死滅してしまいます。「乳酸菌革命」は酸やアルカリから乳酸菌を守る耐酸性カプセルを採用して保護しています。

有胞子乳酸菌

有胞子乳酸菌は、耐熱性に優れた性質を持っていて胃や十二指腸で死滅せず腸まで到達できる力強い乳酸菌です。

食物繊維・ ガラクトオリゴ糖もプラス

善玉菌の栄養となる高純度の「オリゴ糖」、さらに大腸で分解され善玉菌のエサになるという特徴をもつ「水溶性食物繊維」などの成分も配合。

乳酸菌革命の原材料名

乳酸菌生産物質粉末(大豆、乳酸菌)、食物繊維(イヌリン、難消化デキストリン)、ガラクトオリゴ糖、コーンスターチ、グルタチオン含有酵母エキス末、乳酸菌末(EC-12) 有胞子性乳酸菌、ビフィズス菌末、乾燥生菌末(ガセリ菌)、ラブレ菌、HPMC

「乳酸菌革命」はいつ飲めば良いのか

特に決まりはありませんが、腸内環境は日々変わっているため 1日2~6粒を続けて飲むことで事で、腸内を良い環境で保つことができます。

「乳酸菌革命」はどれくらい続ければいいのか

腸内環境が変わるには最低でも4週間はかかるという研究もあります。早い人で1~2ヶ月で便秘が良くなったりやる気が出るなど、腸内環境が整う事による効果は色々です。

善玉菌とは

ビフィズス菌と、そのサポート役の乳酸菌です。
腸内を健康な状態に整えることが研究で分かっています。善玉菌は加齢とともに減少していくので、常に補っていく必要があります。

ヨーグルトとの違い

一般的に売られているヨーグルトとの違いは、乳酸菌の種類の多さです。
「乳酸菌革命」主役級の乳酸菌を16種類配合しているので、自分に合うものを色々試す事なく 続けて飲むことでで効果を実感できます。

「乳酸菌革命」は安心・安全のGMPマーク

GMPとはGood Manufacturing Pracitice(適正製造規範)の略です。
原材料の受入れから製造、出荷まで全ての過程において、製品が安全に作られ、一定の品質が保たれるようにするための製造工程管理基準のことです。

「乳酸菌革命」ははGMP認定の工場で製造されていて、GMP認定は厚生労働省ガイドラインに基づいて客観的に行われています。

乳酸菌サプリのランキングでも上位の「乳酸菌革命」

免疫力をアップさせる

腸内細菌の善玉菌のもっとも大切な働きのひとつが、身体の免疫力を高めることですね。

腸内フローラが悪玉菌より善玉菌が優勢な状態であれば、発ガン性のある有害物質の生成や増殖が最小限に抑えられます。
また、体外から侵入した病原菌も消化分解してさらなる感染を防いでくれます。

そして、菌への抵抗力がアップして、風邪やインフルエンザ、高血圧、糖尿病、ガンなどの生活習慣病をはじめとしたさまざまな病気の予防が期待できます。

善玉菌は、腸内フローラでビタミンやホルモンの生成を活発にする作用もあります。
脳で生成されるよりも多くもホルモンの分泌を促すことが分かっています。

その結果、細胞が活性化されて、老化を予防する効果も期待できます。

肌荒れやニキビの防止

大人になってからのニキビや吹き出物、肌荒れは辛い症状です。

また、年齢とともにくすみ、シワ、シミなどの肌のトラブルは、男性でも女性でも悩みのタネですよね。

肌のストレス信号ともいえる肌トラブルは、腸内環境が関係しています。
体内で分解しきれなかった毒素が身体に巡ってしまっている可能性もあります。

善玉菌の多い腸内環境は、便を滞りなく排出してくれます。
便秘などの便通の異常を防いで、腸内での毒素の発生や増加を抑えてくれます。

腸内の毒がなくなると血液がサラサラになり、新陳代謝が活性化されて身体全体が若々しくなります。
美しくきれいで健康な肌は、美しい腸内環境から作られます。

新陳代謝を高める

腸内フローラの中に善玉菌が増えて腸内環境が整ってくると、ぜん動運動が活発になり便・老廃物の排泄が促進されます。
新陳代謝も活性化され、細胞に新鮮な酸素と栄養が行き渡ることで、身体の細胞が若々しく健康な状態に保たれます。

腸は身体の免疫機能もになっていて、アレルギーやアトピーの発症とも密接な関係があります。

小腸の内部にはアレルギー物質に反応する免疫ポイントが数箇所あります。

善玉菌の一部にはその免疫ポイントを悪玉菌から守って、アレルゲン反応を緩やかにしてくれる細菌がいることが分かっています。

便秘を解消

年齢とともに気になってくるのがポッコリした下腹部。

メタボリックも原因ですが、他にも、便秘やガスが過剰に発生しているせいかもしれません。

腸内環境を正常に整えて、もやっとした違和感や下腹部の重苦しい不快感を解消することで、見た目にも気分的にもスッキリします。

ダイエットしたいと思っている人は、まずは腸内環境を健康にすることから始めましょう。

そのためには腸に良い食生活を心がけることです。

腸内環境を改善して便秘が解消されると、腸の悪玉菌が余分な栄養素を吸収しなくなります。
腸のぜん動運動も活発化して、基礎代謝がアップし、太りにくい体質に自然と変わっていきます。

脳と腸は繋がっている

ストレスは腸にとても多くの影響を与えます。
緊張でお腹が痛くなる事があるのはそのせいです。

腸の不調は、脳にさらなるストレスを生み出します。
腸は身体の中心にあり、とても大きな臓器です。

便秘などのトラブルによる膨満感、痛みなどは、精神状態にも大きく影響します。

脳腸相関という言葉があるように、脳と腸はそれぞれ連携して身体を管理しているのです。

便秘が解消されて、腸の不快感がなくなると気分もスッキリして、仕事や勉強に集中できます。
脳力アップの腸の健康がにぎっています。

体力も腸が管理

最近、疲れやすいなと感じたら、腸の機能が低下しているサインです。
精のつくものを食べて元気をだそうというのは逆効果になるかもしれません。

腸内環境が悪化しているときに、肉などの消化の悪いものを食べると、さらに腸が疲れて悲鳴を上げます。

身体の疲れをとるには、腸に消化や吸収で負担をかけない食生活が大切です。

消化に悪い栄養素を控えて、エネルギーを効率よく腸を働かせましょう。
省エネでエコな燃費のいい身体にするだけで、仕事も私生活を充実します。

メタボの予防

肥満のタイプには、大きく分けると「リンゴ型」と「洋梨型」に分類されます。

リンゴ型は、お腹周りに集中的に脂肪がつく「内蔵脂肪型の肥満」です。
洋梨型は、下半身の皮下に集中的に脂肪がつく「皮下脂肪型の肥満」です。

メタボリックシンドローム(内臓肥満症候群)は、特徴的なリンゴ型肥満です。
さらに、高血糖、高血圧、高脂血症のうち2つ以上が合併した状態を指します。

メタボリックシンドロームの悪化が進行すると、代謝異常が起こり、様々な症状が現れる可能性があります。

血糖値や血圧の上昇

動脈硬化が進行するなどで心筋梗塞や脳卒中など重篤な疾患が起こりやすくなります。
善玉菌の中には、脂肪やコレステロールの吸収を抑える働きをするものがあります。ヨーグルトにもそういった特徴をもった機能性商品があります。
悪玉菌の増加による腸内環境の悪化は、肥満の原因にもなる要因の一つです。

肉や加工食品などの高カロリーな食べ物を控えましょう。悪玉菌・でぶ菌の餌になるだけです。
善玉菌・ヤセ菌の餌になる食物繊維を多く含んだ野菜や穀類を中心とした食生活にすることで、腸の健康を守り、深刻な生活習慣病を予防します。

朝食にはドリンクを一杯

朝は忙しくて食事も面倒という人は、野菜ジュースを飲みましょう。
なるべく砂糖が加えられていないものを選ぶのがポイントです。

朝食をパン一枚などですませるときも、野菜ジュースを飲んでお腹の調子を整えましょう。

ヨーグルトドリンクと混ぜても良いです。
プロバイオティクスや植物性乳酸菌など、優秀な乳酸菌が多くあります。

伝統的日本食が理想の食事

実は和食は、腸内環境の為には最高の食事です。
玄米ご飯、味噌汁、納豆の組み合わせは最高です。

近年は、健康の面から世界中で和食の評価が高まっています。

健康を守るためには、伝統的な和食が一番効果的です。
玄米ご飯と海藻の味噌汁に納豆の組み合わせが、腸内だけではなく最高の健康食です。

食生活は規則正しく毎日続けることに意味があります。

腸は第二の脳と言われるぐらい、身体の健康を保つために働いていて、他の臓器に比べて繊細です。

脳の管理下の他にあり独立して活動しています。
精神面でも安定することで、うまく機能します。

運動もプラスしましょう

腸内環境を良くするためには、毎日の生活リズムを整え、決まった時間に食事をするよう心がけましょう。
また、食べ過ぎも要注意です。

急いで食べたり、食べたらすぐ寝るという習慣も腸に悪影響です。食事はゆっくりと時間を取り、食べ物はよく噛んで消化できるようにしましょう

寝る前の食事は、就寝中の胃腸に負担をかけます。
寝る2時間前くらいから食べるのを控えた方がよいです。

腸は自律神経の乱れの影響をもっとも受けやすい器官です。
自律神経は緊張とリラックスに関連する神経のバランスをとり、身体機能をコントロールしています。
ストレスなどの影響から緊張状態が続いた場合は、腸の働きが悪くなります。
ストレスをためないように、運動や瞑想を行いましょう。

運動不足は腸の筋力を衰えさせてしまい、腸の機能が低下します。
高齢者に便秘が多くなってくるのも、筋力の衰えです。

日常的な運動で筋力を保ちましょう。